債務整理って一体何?条件とは?【基礎から分かる債務整理】

債務整理って一体何?条件とは?【基礎から分かる債務整理】

債務整理って一体何?条件とは?【基礎から分かる債務整理】

消費者の債務問題を解決するために作られた制度が債務整理です。
債務整理にはいくつかの方法があり、それぞれの状況に応じて最も適切な方法を選ばなければいけません。
また債務整理の方法によっては、誰でもが出来るというわけではなく条件が設けられていることがあるため確認が必要です。
では、まず裁判所を通さずに債務者と債権者が直接話し合い、借金を減額する任意整理の場合ですが、これは特に行うために必須の条件は設けられていません。
また同じく債務者と債権者が話し合う方法として特定調停がありますが、この場合は裁判所を通しての話し合いとなるだけで、任意整理と同じく必須の条件はありません。
ただしどちらの方法をとっても、きちんと返済の意志があること、3年以内に全額を返済できる見込みがあることなどが求められます。
次に、借金を大幅に減額して3年間での返済計画を立てる個人再生があります。
これを行うためには、一定の収入が継続してあること、また住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下であることが条件となっています。
最後は債務整理の中でも最終手段とされる自己破産です。
自己破産は申し立てを行い、最終的に免責を受けることで借金の全てをなくすことが出来る債務整理の方法です。
自己破産を行うための条件は、借金の原因が本人の浪費ではないことや過去7年間に自己破産をしていないこととなっています。
特に前者の条件は厳しくみられることが多く、反省の態度が窺えないような場合は免責を受けることが出来ない場合もあります。
このように債務整理をするためにはそれぞれの方法で条件があるため、しっかりと確認をして適切な方法を選ぶようにしましょう。