債務整理のメリット・デメリット【知らなきゃ損する!徹底ガイド】

債務整理のメリット・デメリット【知らなきゃ損する!徹底ガイド】

債務整理のメリット・デメリット【知らなきゃ損する!徹底ガイド】

債務整理によるデメリットであげられる事は官報に掲載されると言う事です。
官報と言うのは国の情報誌であり、官報に掲載されることで、新たな借金をしたり、クレジットカードを作ることが、一定の期間の中で出来なくなるのです。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社などは、申し込み者の信用情報を照会し、情報の中に不備な点がないか否かなどを確認した上で審査を通すのが特徴です。
この信用情報と言うのは、信用情報機関が管理をしている個人信用情報と呼ばれるもので、官報に掲載された情報は銀行を初め、消費者金融、クレジットカード会社などで情報を入手することが出来るようになっており、債務整理をして借金を整理した事実が明確になるのです。

そのため、債務整理を行う上でのデメリットは官報に掲載されてしまうと言う事になるのです。
尚、個人信用情報に掲載されるのは5年から7年と言われており、掲載期間が過ぎることで自動的に消滅するような仕組みになっています。

また、債務整理と言っても任意整理に置いては官報に掲載されることはないのです。
と言うのも、官報に掲載されると言うのは裁判所での決定事項であり、任意整理においてのデメリットというものはなく、裁判所を通じて手続きを行う自己破産や個人再生と言った方法での債務整理を行った場合に、官報に掲載されることになると言う事なのです。

しかしながら、破産などの事実は個人信用情報に掲載されることになりますが、借金を整理出来るメリットは大きいと言えるのです。